保険相談ランキング 見直し本舗・保険マンモス

「三大成人病保険」つてやつぱり必要か?
長期入院がつきもののガン・急性心筋梗塞・脳卒中。おまけに日本人の死
亡原因の六割が成人病。もはや「三大成人病保険には無視できない存在だ。

加入するなら終身タイプ

「保険相談」と銘打って、最近生保各社から。特定疾病給付型生前給付保険” が続々と発売されています。この、特定疾病給付型生前給付保険、テレビコマーシャルにも登場していますから、みなさんご存じではないでしょうか。「三大疾病保険」「特定疾病保障保険」といえばおわかりいただけると思います。

この保険は今までの生命保険と異なり、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中のいわゆる三大成人病にかかったと医師に診断されて、初めて保険金が支払われるものです。

つまり、入院給付金が一括に支払われるような医療保険といえます。この保険は一般的な生命保険のように、万が一の死亡時に保険金を受け取るものではなく、“生きるための治療” や”入院費用” として保険金が支払われるものです。

もちろん、保険相談で、三大成人病以外の原因で死亡、高度障害状態になった場合も保険金が支払われる仕組みになっています。保険期間は、「終身タイプ」と一定期間のみ保障される「定期タイプ」があります。

そもそもこの保険は、死亡保障を目的としているわけではなく、三大成人病における医療保障が目的です。そのため加入を考えるなら、終身タイプをお勧めします。というのも、病気はいつかかるかわかりません。

定期保険タイプは保険期間が決まっているため、いつかかるかわからない病気のための保険相談である特定疾病給付型生前給付金にはあまり適していないからです。ちなみに、高度障害保険金、もしくは三大成人病によって支払われた生存保険金には税金はかかりません。

しかし死亡保険金として受け取った場合は、通常の保険金の受取りと同様に、保険金を受け取ったときに発生し、しかも被保険者の受け取る状況によっても課税は変わってきます。

保険見直し本舗や保険マンモスで保険の相談を

おすすめの保険相談は、保険見直し本舗や、保険マンモスがあります。

ではなぜ、このような保険が生保会社から続々と発売されているのでしょうか。現代の日本人の死亡原因の六割が三大成人病であり、しかも三火成人病は死亡率の高さが問題にされる一方、現時点では決定的な治療法が発見されていません。長期療養を必要とするケースが大半です。

長期療養だと、高額な医療費用だけでなく、家族の生活費も大きな負担になってきます。とても単独の医療保険や医療保障特約だけでは足りません。ただし、特定疾病給付型生前給付保険は、生きるための費用、つまり三大成人病の治療費がおもな目的です。

つまり、治療中の家族の生活費を保障するために保険金が支払われるため、最高限度額は二〇〇〇万円となっています。ちなみに民間保険会社の死亡保障の最高保険金額は三億円です。”生きるため”と”死亡したときの保障のため”という目的の違いによって、保険金額にもこのような差が出るということです。

このような。生きるための保険” は、日本では平成四年二月に外資系のアリコジャパンから初めて発売されました。ついで日本生命より「あすりーと」、第一生命より「リードーシールド」などと次々に発売されています。

アリコジャパンの特定疾病給付型生前給付型保険・エトワの場合、三大成人病にかかったとき、もしくは死亡、高度障害状態になったときに保険金が支払われるようになっています。

この保障は一生涯続きますが、一度、三大成人病にかかって保険金を受け取った場合は、この時点で契約は消滅します。

Leave a Reply