ガン保険について知っておきたいこと

ガン保険やガン特約は、近年のガンの治療が進んだ状況でも、重要です。しかし、うっかりしている方もいらっしゃるかもしれませんので、入る前に入った後もつぎのことをチェックしておいてください。

その1 ‥あなたのガン保険のガンの定義の範囲はどこからですか?一口にガンといっても会社によってその定義は異なります。上皮ガンを含めるもの含めないものや悪性新生物だけでなく良性新生物といわれる子宮筋腫や良性脳腫瘍まで含めるものもあります。

その2 ‥あなたのガン保険の診断給付金の支払い条件はどうなっていますか?ガン診断金は会社によって医師によってガンと診断されただけで支払われるもの。ガンの治療を始めて支払われるもの、入院して支払われるものといろいろあります。

その3 ‥あなたのガン保険は何回まで支払われますか?ガンは治療技術の向上によって治る病気になってきました。しかし、恐ろしいのは再発です。さてこのときに気になるのが、ガンの診断給付金が再発の時にも支払われるかということです。会社によってガンの診断給付金が複数回降りるものと降りないものがあるのです。

その4 あなたは無告知でありませんか?生命保険に加入するときにうっかり告知を忘れてしまった場合( 詐欺行為は駄目ですよ)。例えば過去に申告すべき病気があったのに、それを告知せずに加入した場合でも契約して2 年後のものであれば、時効が適用されて保険金が支払われるのですが、ガンに関してはこの時効が成立しません。

なぜなら、ガン保険は原則として「初めて罹ったガン」が対象なので、過去のガンを告知せずに加入したことがわかると加入後何年経っていても契約は解除され保険金はおりません。その5 待ち期間について知つていますか?ガン保険は待ち期間というものがあります。契約して3 ヶ月間( または90日) は保証されないのです。この間にガンが発見された場合は保険は無効となり、支払った保険料は返還されることになっています。

Leave a Reply